無料ブログはココログ

2013年5月28日 (火)

お知らせ

おひさしぶりです。

突然ですが、ブログ引っ越しました!
今後とも、どうぞよしなに〜(◎´∀`)ノ
新ブログ → http://ameblo.jp/goedayo/

2012年9月22日 (土)

最近飲んだお酒のおはなし。

まだまだ暑い9月。
スッキリ爽快なビールも良いけれど、たまにはこんな爽やかなお酒でも。
181_1
松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒です。
日本酒が好きで、シャンパンが好きな私は、気にならない訳がございません。
本当に清酒なのか、と思える口当たりの良さ。
甘くて飲みやすく、日本酒全般無理な友人でも飲めました。
それでも、ただ甘いだけでなくてきちんと日本酒の味。
2012080421370000
これは、すず音を超えたかも?
お店であまり見かけないけど、通販もありますので、是非お試しあれ!
そしてこちらは、ジャケ買いした「黒猫」。
ドイツの白ワインで、かなり甘口。
2012082520460001
かなり、甘い。
ドイツワインだからなのか、この銘柄だからなのか、
詳しくないのでわかりませんが、ちょっと甘すぎるかなあ。
もうちょっとスッキリしている方が、万人に好まれそうな気がします。
でもラベルはカワイイ!

2012年9月16日 (日)

天下一品こってり

最近はじめて吉野家で牛丼買いました。
別にセレブなわけでもなく、ファストフード食べない人というわけでもなく、
ただ単に機会がなかっただけなのですが。


テイクアウトでつゆだくを頼むと、つゆだくチェックをしてくれるという事にちょっとした衝撃を受けたけど、牛丼美味しかったです。
ちなみに薬味大好きな私は、お持ち帰りの紅ショウガの量が物足りないのですが
あれは、もっと下さいと言えばくれるものなのか否か。
出来ればこんもりのっけたいな、紅ショウガ。


あと、テイクアウト待ちのときにお茶を出してくれるのがとても親切。
これは全国の吉野家であるサービスなのでしょうか。
まだ暑い盛りに行ったもんだから、ああいうサービスひとつで好感度はえらいあがりましたよ、吉野家さん。



そんな牛丼デビューをしたわたしですが、
最近また別のデビューもしてきました。

それがこちら。

1599964_1773269611_83large

こってり!
天下一品こってり!


周りにファンは多いのですが、逆に苦手という人もちらほら。
そんな双方の意見を客観的に訊いてたので、
なんだか試すのが怖くて、今迄二の足を踏んでおりました。。


で、こってりの感想はですね。


一口目「濃っ!脂!!」
二口目「なんて言うか、チャーシューの脂身ひたすら食べてるみたいなスープ。」
三口目「結構、しんどいかもしれない…」
四口目「…(無言)」
五口目「まあ、好きな人は好きだよね。」
六口目「…うん。」
七口目「…ん、なんか」
八口目「…(無言)」
九口目「…なんか。」
十口目「くせになりそう。」


最終的には、また食べたい。と思ってました。
これぞ、天一のこってりパワーなのか!


本当にこってりが過ぎるんで、一時試合放棄が頭をよぎるんですが
なんだか癖になるというか、不思議な魅力があるスープ。
これまた不思議なんですが。


噂には訊いていたけど、大阪三国の天一には、超こってりという恐ろしいメニューがあるらしいです。
半分都市伝説な気がしてましたが、実在するそうです。
話しによると、なんでも濃厚すぎて、スープに箸が立つ程の粘度だとか。
もうそれ、もはやスープじゃない気が。

2012年9月 9日 (日)

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムへ行ってきました。
2012082516030000
阪急烏丸御池駅から徒歩2分。
オフィス街の通りを歩いていると、突如芝生が広がります。
2012082516020001
観望は、キャンパスのよう。
聞けば、廃小学校の校舎を改築して利用しているとのこと。
芝生、気持ち良さそうだなあ。
中に入ると、いきなりアニメのグッズショップ。
推しはどうやら京都アニメーションのようでした。(多分)
まあ、京都だしね。
受付では、留学生なのかな?といった雰囲気の外国人女性に
チケットをもぎって戴き中へ。
思ったより混雑していて、中には中国人の団体観光客もいたりして。
この施設が、新たな観光名所になっているのかもですね。
漫画は世界に誇れる文化!てことで。
廊下には早速本棚がずらり。
本棚の前で立ち読みをする光景は、まるでBOOK・●FF。(伏せ字?)
読書出来る椅子やベンチもたくさん用意されており、
多目的室のような地べたに座り込めるスペースもあります。
晴れた日は、表の芝生でひなたぼっこしながらの読書も出来ますが、
夏はさすがに暑すぎる!無理だ!
それでも子供は元気に駆け回っておりました。
げ、げんきだなあ、、、。
元々体育館だったのであろう講堂には、
マンガの歴史や、海外のマンガなどの展示スペースもあり。
ミュージアムという名だけあり、そこは図書館とは違う特色。
年代別に分けた人気作品の棚もあり、
大人も子供も静かにマンガに没頭していました。
なので、家族連れらしき人達がやはり多かったです。
安価で長居出来て、老若男女で楽しめる施設なのだから、魅力的だよなあ。
京都で時間が空いたときなどに是非!
大人入館料800円で、何時間も過ごせます。
アクセスも便利ですし。
京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp
おまけ。
京都文化博物館にて見つけたご当地ゆる(であろう)キャラの彼。
2012082514380000
うーん、可愛くない。

2012年9月 8日 (土)

カフェじゃないよ、パフェ屋だよ。

鶴橋にあるKANARIYAに行ってきました。

鶴橋と言えばコリアンタウンですが。
焼肉店に軒を連ねるKANARIYAは、大阪で有名なパフェ屋さんです。
喫茶店ではなくあくまでパフェ屋。

混むであろうおやつタイムは避けたにも関わらず、15分程並びました。
友人が頼んだのは、一番人気であろうチョコレートパフェ。
私はひよってパインクーラーというあっさり系に逃げました。へたれ。


と言うのも。


1

 

でかいわ!!

友人よ、御愁傷様。
私は、パイナップルを優雅に楽しむからね。




2

………
あれ、こちらも結構でかいのね…。




なめてたパインクーラーですが
この中にぎっしりバニラアイスが詰まっていて、
正直キツかったです…。

あんなに大きなパフェを頼んだ友人はと言うと、
シリアルなども入っていたため、余裕のフィニッシュを迎えておりました。

見た目よりかは重くないようです。

わたしのアイス…盲点でした。

見た目に騙されてはいけないって事ですかね。
教訓になりました、カナリヤありがとう!

2012年8月18日 (土)

猪名川花火大会

何年ぶりかに、花火大会へ赴いてみた。


大阪市民ながら、淀川花火にもPL花火にも天神祭にも行かず
何故か猪名川花火。

会場は、兵庫県の川西市と大阪府の池田市の猪名川両岸。
打ち上げは約4000発という中規模な花火大会です。


この日は朝から天候が悪く、ギリギリまで中止を恐れていましたが
なんとか小雨の中、決行となりました。
雨のおかげで涼しくて、結果的には恵みの雨でした。


数字の花火でカウントダウンがあり
10のステージで構成された花火大会がスタート。
フィナーレのスターマインまで、飽きる事なく夜空を彩ってくれました。
4000発というのは、長過ぎず短すぎず、丁度良い塩梅なのかもしれません。
そう考えると、猪名川花火はなかなか良い大会なのか。
さすが老舗。


花火大会自体、人混み!ぎゃあ!無理!と、足が遠のいていましたが
やっぱり会場で観るのは違いますね。
夏の風物詩でございました。


ちなみに携帯が未だにガラケーなので、写真は開始早々諦めました。

2012081819410000


これはひどい。笑

2012年8月14日 (火)

BON!3★

夏のビールの美味しさは、歳を重ねる毎に増していってる気がします。


最近、ビルギービールの美味しさに目覚めました。

ホワイトビールの生が美味しいと聞いていたものの、
ビールはどれも似たようなものだろうと思っていた
数年前の自分を諭したい。

すみません、ホワイトビールおいしいです。


2012081821390000


ベルギービールのビアバーに連れて行ってもらったとき。
友人が定番どころを頼んでいたので、私はフルーツビールに走ってみました。

2012081418390000


ミスティック・チェリー
ホワイトビールがベースにチェリージュースがブレンドされた
さくらんぼのフルーツビール。
色は鮮やかな紅色。
泡までもピンク色。
味はビールよりもカクテルに近くて、ビールと思って飲んだら物足りないけど
普段あんまり飲めない人でもいけるかと。
たまにはこういうのも良いな。

2012081822200000


アップルボック
ニュートンが品切れていたので、
同じくりんごのフレーバーのこちらを頼んでみました。
甘酸っぱくて、爽やか。
この時期にぴったりのフルーツビールでした。
ミスティックよりもフルーツが主張しないので、こちらの方が人好きするかも。
グラスもカワイイ!


外国のビールは、ボトルやラベルのデザインまでも可愛くて
ついついパケ買いしてしまいたくなります。


まだまだベルギービール初心者なので
お勧めのメーカーございましたら、ご一報を。笑


2012081821570000


2012年8月13日 (月)

【映画】おおかみこどもの雨と雪

映画「おおかみこどもの雨と雪」を観に行きました。

「時をかける少女」も「サマーウォーズ」も好きなので、
製作陣への期待のみで、予備知識もろくに入れず映画館へ。

97af0cbfee0a68a3420f581a307e548f_2

テーマは、生き方や子育て。
子供連れの家族も多かったけど、
小さい子供には退屈だったんじゃないかと思います。
完全大人向けなアニメでした。


活発で元気で年中走り回っていた姉の「雪」と
おとなしくて引っ込み思案で母親にべったりだった弟の「雨」。
それぞれが、成長しながら自分の生き方を決断するまでのおはなし。


まず、映像がとにかく美しかったです。
親子三人で雪原を駆け回るシーンなど、圧巻でした。
ネットで感想を読んでいても、
そのシーンの描写が印象的だったと言う方が、圧倒的に多かったほど。


そして物語の中で一番大きかったのは、二人の母親である「花」でした。
母という圧倒的な愛。
学生の時に雪を産んで、都会で後ろ指を指されながらも一生懸命暮らして
雨も産まれて、父親もいなくなって、それでも精一杯生きて。
田舎に移り住んでからも、慣れない農作業や子育てに追われ
自分の事は全て後回しにして、子供に愛情を注いでいる花の姿。

なのにラストシーンで、雨に向かって花は
「あなたにまだ何もしてあげれていない」
と言います。

あんなにも愛情を注いで、育てていたのに
花(母親)からしたら、そんな事は当たり前の事なんだな。
…母は強し。
月並みですが、感想コレ↑です。笑


私はまだ母親ではありませんが、母親になった友人は何人もいます。
学生時代はバカな事たくさんして、自由奔放だった子達が、
子供が出来たとたん、母親の顔に変わりました。


きっと母親になった女性は、
私なんかじゃわからない、
「あなたにまだ何もしてあげれていない」
の真意を感じ取れるんだろうな。


残念ながら、予定はこれっぽっちもございませんが
いつか母親になったら、見返したい映画です。

きっと今はわからない、物語の見方が出来るはず。
な気がする。たぶん。

2012年8月12日 (日)

BON!2★

お盆休み二日目。
上京した友人が帰阪中のため、会ってきました。


本日の最大の目的は、秋のグアム旅行のプランを立てる事。

だいぶ前に「海外に行きたい。」という話が出たものの
社会人なので時間も取れず、お互い後回しにしてしまう性格なのも後押しして、
日程も何も決まらないまま年単位の時間が立ってしまいました。
ノープランナーって怖い。

そもそも、学生の頃に「20歳になるまでに舞妓体験行こう!」と約束して
●年以上経った今も実現していないような二人ですから。
仕事がどうのっていうのは完全言い訳です。


話はそれましたが、そんな私たちがようやく重い腰を上げ
旅行会社へ行ってきました。

実は私は初めての海外旅行。
友人も2度目の海外。
ズブの素人の二人です。そして前述の通りな二人です。
何の予備知識も入れておりませんでした。

早速カウンターで「現地で何がしたいですか?」と訊かれ
いきなり言葉に詰まりました。笑
思えば、具体的な内容も、予算も、時期も、何も決めていなかった。
「グアム、リゾート、海だよね?」くらいの知識です、前途おもいやられまくり。
それでもカウンターで、あれよあれよと決まって
否、担当さんに決めてもらって、申し込みしてきました。

なんだか、話をはいはい聞いてただけの筈なのに
どっと疲れてしまった。普段頭使わないからなのか。
何にせよ、ようやく念願の海外です!わーいわーい


満足した私達は、そそくさと早めのご飯へ。
なんばリバープレイス横の「blue」。

こちらのお店は●年前の20歳の頃、初めて行ったのですが、
店内のオシャレ感に慣れず、場違い感がはんぱなくて、
終始落ち着かなかったのでした。

そんなリベンジも兼ねて、●年ぶりに足を踏み入れたわけでございます。
もう大人だしな。大人だしな。と自分たちに言い聞かせながら。


551904_259396764178025_1529263121_n


305069_259396734178028_1927175547_n

有機野菜のグリーンサラダ。チーズソースに惹かれました。

269734_259396807511354_144045580_n 


420106_259397607511274_1690104815_n

夏季限定サザエとトマトのカッペリーニ。
ここの麺類は最高に美味しいです。麺だけでも食べに来たいレベル。

418852_259396460844722_1336035194_n

シャングリア。
サングリアにシャーベットが乗っていて、お酒というより完全デザート。
女子ウケ良い感じ。


394440_259396790844689_1743021078_n

眼前にはなんばハッチ。
ただ、肝心の川が汚すぎてムードも台無しな気がする。

観光船がひっきりなしに通るくらいだし
表面だけでもキレイにならないものか。

2012年8月11日 (土)

BON!1★

世間はお盆休み。
例にもれず、わたしもお休み頂きました。
そんな初日、兄夫婦とカフェランチに出かけました。


2012081112590000


茨木市駅の側にある小町カフェ。
兄夫婦のお気に入りで、人気店らしく、中心街ではないけれど満席でした。
店の前に細やかな川もあり(ちゃんと魚まで!)
緑が多く落ち着いたカフェでした。


1599964_1733774855_69large

2012081113120000


兄はオイルサーディンプレートを選択。
義姉は、きのこのなんとか丼(メニュー名覚えられない)。
で、一応要のわたしのご飯にいたっては、写真撮ってない。笑

角煮がとろっとろで煮卵もじゅくじゅくで(頭悪い書き方)
美味な角煮丼でございました。


もちろん食後のデザートも。

2012081113460002

小町パフェ。
なかなか大きなパフェだったけど、塩気のある小豆のおかげであっさりさっぱり食べられました。
豆腐の白玉で、気持ちヘルシー☆


2012081113460001

ベリーパフェ。
ラム酒入りのチョコレートをお好みでかけます。
キッチンからすでにラムの良い香りが漂っていて、お昼から贅沢な気分でした。


またりとしたお盆休みの幕開けでした。

«人妻とイタリアン